瓊玉.com

開豊瓊玉膏ご愛用のお客様へ

瓊玉会(けいぎょくかい・ケイギョクカイ)とは

瓊玉膏(けいぎょくこう・ケイギョクコウ)や牛黄清心元などの医薬品を通じて、お客様の健康をサポートするエキスパート薬局・薬店のグループです。

いつも真面目にお薬の使い方を研究し、情報交換を行なっている先生たちが勢ぞろいです。

家族の健康を気遣うように、あなたの体の不安や病気について親身になって相談にのってくださる「あなただけの先生」が、きっと見つかります。

瓊玉会(けいぎょくかい・ケイギョクカイ)とは

瓊(けい)は「美しい」「静美である」「美味である」などの意味があります。
『瓊玉(けいぎょく・ケイギョク)』は美しい玉のようにとの形容で用いられています。

瓊玉.comはいつまでも「瓊玉」のように若々しさと美しさを保つ、アンチエイジング(Anti-Aging)を目的としています。

漢方製剤「麻黄湯」タミフル並み効果

福岡大病院 研究結果を発表

インフルエンザの治療に漢方製剤の「麻黄湯(まおうとう)」を使うと、抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果を、福岡大病院の鍋島茂樹・総合診療部長らが明らかにした。新型インフルエンザへの効果は未確認だが、タミフルの効かない耐性ウイルスも増える中、注目を集めそうだ。

 日本感染症学会で4月に発表された鍋島部長らの研究は、昨年1月~4月に同病院を受診し、A型ウイルスを検出した18~66歳の男女20人の同意を得て実施。うち8人はタミフル、12人は麻黄湯エキスを5日間処方した。ともに発症48時間以内に服用し、高熱が続く時は解熱剤を飲んでもらった。

 服用開始から平熱に戻るまでの平均時間は、タミフルが20.0時間、麻黄湯が21.4時間でほとんど違わなかった。解熱剤の平均服用回数はタミフルの2.4回に比べ、麻黄湯は0.6回と少なくて済んだ。

 麻黄湯のインフルエンザへの効能は以前から承認されており、健康保険で使える。

(平成21年5月8日 読売新聞朝刊より)


Copyright(c) KEIGYOKU.com ALL rights reserved.